11月 波乗亭コンサート「しなやかに白鳥が舞う日」



11月に行う淡路島のパフォーマンスの日程です。

振り付け構成演出担当しておりますので、いらっしゃれる方はぜひ素晴らしい景色とともにパフォーマンスをお楽しみにください。


以下、詳細となります。

お申し込み等は特設ページをご覧ください。

https://awaji-seikaiha.com/ballet-202011.html?fbclid=IwAR3czSaFeMgijgkM4MyVBQ3aqvLjewvgTXQYBEovvlhytPz8zhmVyFyNK2c




波乗亭コンサート

「しなやかに白鳥が舞う日」

~チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より~

青海波 -SEIKAIHA-


可憐なバレエダンサーたちが白鳥となって波乗亭のステージに降り立つ。


<あらすじ>


ロートバルトによって白鳥に変えられたオデット姫は、夜の間だけ人間の姿にかえることがでる。

王子ジークフリードはオデット姫を愛するようになるが、舞踏会でロートバルトの策略にかかり、彼の娘オディールに永遠の愛を誓ってしまう。

愛を失ったオデットは湖に戻り、後を追ったジークフリードは自分の過ちを詫び、ロートバルトに立ち向かう。

そしてロートバルトは死を恐れぬ愛の力の前に滅びる。



《公演日》


11月 2 日(月) 開場 13:30 開演 14:00

11月 6 日(金) 開場 17:00 開演 17:30

11月 9 日(月) 開場 13:30 開演 14:00

11月13日(金) 開場 17:00 開演 17:30

11月16日(月) 開場 13:30 開演 14:00

11月27日(金) 開場 17:00 開演 17:30

11月30日(月) 開場 13:30 開演 14:00



《公演チケット》


チケットのみ:2,000円(税別) ランチセット:5,700円(税別) カフェセット:3,500円(税別) ディナーセット:7,000円(税別)

※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

※ランチセット、ディナーセットは青の舎(和食)・海の舎(洋食)からお選びいただけます。

※カフェセットは海の舎(洋食)でご提供させていただきます。

※レストランとのセット券は、中学生以上の方にご利用いただけます。



《出演》


針山 愛美(はりやま・えみ)バレエダンサー ボリショイバレエ学校を首席で卒業、ロシア、アメリカ、ベルリン国立バレエ団などで活躍。 世界各地でゲストとして招かれ『白鳥の湖』などに主演。 モスクワ国際コンクール特別賞、ニューヨーク国際コンクール銅メダル(日本人初)、パリ国際コンクール銀メダリスト(金なし)など。


末松 大輔(すえまつ・だいすけ)バレエダンサー 1980年より北本バレエ研究所にてバレエを始める。1995年宮城 昇バレエスタジオに入所。1999年ロシア国立エカテリンブルグバレエ団に入団。ファーストソリストとして主要なパートを踊る。レパートリーに「ドン・キ・ホーテ」バジル、「眠れる森の美女」ブルーバード、「バヤデルカ」ブロンズアイドル、「ジゼル」ペザント、「海賊」ACT1 GPO、「白鳥の湖」道化などがある。2000年ロシアのペルミにてガラ・コンサートに出演。2001年ロシア国立ノボシビルスクバレエ団に入団。「スパルタクス」「ガラ・コンサート」に出演する。2006年新国立劇場バレエ団に入団。ナチョ・ドゥアド振付「ポル・ボス・ムエロ」他、全公演に出演する。2011年より京都にて自身のスタジオを創設し、後進の指導にもたずさわる。1998年「USAジャクソン国際バレエコンクール」セミファイナリスト。2002年「東京新聞主催全国舞踊コンクール」パドドゥ部門入賞2位。「ヴァルナインターナショナルバレエコンクール」セミファイナリスト。「神戸新聞主催全国洋舞コンクール」シニア部門第1位。


有馬 和弥(ありま・かずや)バレエダンサー 2019年 第76回東京新聞主催文化庁後援 全国舞踊コンクール バレエ第一部 第1位。2019年 Osaka Prix 全国クラシック・バレエ・コンペティション 2019 シニアの部 第1位。2019年 第32回こうべ全国洋舞コンクール クラシックバレエ 男性シニアの部 第1位。あわせて神戸新聞社賞を受賞。

飯田 彗(いいだ・あきら)バレエダンサー クラジミール・カミンスキー、キー・ホァン・ハン、ジュリー・ケントに師事。The Washington School of Balletを卒業。在学中、日本人には珍しく授業料全額免除のFull Scholarshipを授与され、同学校内の最上級のクラス PTP Aに在籍。同学校を卒業後は、アメリカのColumbia Classical Balletにソリストとして入団。

75回の閲覧
  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

©2020 by Emi Hariyama Official Page / 針山愛美オフィシャルページ